ニュース&トピックス

Dotcon

地面から環境へのアプローチ

例年、全国で被害が発生する、
豪雨や洪水による水害。

残念なことに、自然災害自体を
避けることはできません。

そのため、豪雨や洪水への対策と

環境から改善すべく

Dotconを開発しました。

かつて地面は
スポンジの役割を果たしていた

急激な都市化が進む以前の地球は、山や森、田畑などがスポンジのように雨水を吸い込んでくれていました。雨水はゆっくりと地面に浸透し、時間をかけて河川に流れ込んでいったのです。そのため、大規模な降雨が発生した際にも直ちに河川の増水や水害が発生することはありませんでした。これは決して「大地の恩恵」などではなく、地球が本来持っていた当たり前の機能だったのです。

頻発する災害、進む地球温暖化

都市の急激な発展と共に家やビルが増え続け、地面がコンクリートやアスファルトに覆われた結果、地吸収されなくなった大量の雨水が「都市型水害」となり、我々人類や地球環境に襲いかかるのです。

また、地面が覆われ地中に熱が溜まりやすくなり、ヒートアイランド現象へ繋がっています。温暖化の影響でゲリラ豪雨が増え続け、豪雨が水害を呼ぶ。悪循環は続いていきます。現在発生が絶えない「都市型水害」は、我々が都市化を急いだ末に起こった「人災」であり、コンクリートやアスファルトにメスを入れない限り人災の連鎖が止まることはないのです。

問題解決への切り札となる「透水系コンクリート打設シート」

ドットコン

等間隔にドットを設けることにより、従来のコンクリートの利点はそのままに、雨水を直接地面に流すことが可能です。ドットは通気孔の役割も果たすため、熱を溜め込まず、快適な空間を作ります。シートを並べてコンクリートポンプ車で圧送するだけなので、特殊な作業や手間も必要がなく、失敗の心配もありません。

ドットコンのメリット

浸水被害の抑制
近年、頻発している都市型水害の原因は、コンクリートによって雨が地面に浸透しにくくなっていることにあります。ドットコンの構造は、表面の穴から水を地面に浸透させることで、水害などの自然災害を根底から抑制し、地球環境の改善や枯渇しつづける地下水の対策効果が見込めます。
優れた放熱性
ドットコンは地面を完全に覆い尽くさない構造の為、熱を反射させず、穴が通気孔の役割を果たすので、ヒートアイランド現象による気温上昇を抑制します。 夏季には優れた放熱性を発揮するため、暑さへの対策にも繋がります。 夏場に感じる不快感を極限まで減らし、快適な環境を作ります。
圧倒的な
コストパフォーマンス
Dotoconは非常に安価で施工が可能。ボイド管や型枠を用いた穴空きコンクリートの施工と違いシートを敷くだけであり、残土処分や勾配確保の必要もないため時間も人件費もかかりません。使用するコンクリート量を17%削減可能で、コンクリート代の節約にもなります。通常の土間コンと同等、場合によっては土間コンよりも安価に施工することも可能です。独自の排水ルートによって穴の目詰まりや苔の繁殖を防ぐので長期にわたり機能を維持し、高いコストパフォーマンスを実現します。
透水系路盤材の中で最も丈夫
他商品と異なり、ドット以外の箇所は通常のコンクリートと同等なので、コンクリート特有の強度はそのままに透水能力を発揮します。大型車両が通る道路や歩道でも全く問題ありません。
水平施工が可能な唯一の
コンクリート施工方法
ドットコンは水を地面へと浸透させる「透水系コンクリート」なので、勾配による水の流動を考える必要がなく、水平駐車場を実現します。水平駐車場を採用することにより、外観の見栄えが良くなるだけでなく 従来抱えていたデメリットを、一気に解消することが可能となります。
施工が簡単
打設前にシートを並べコンクリートポンプ車で圧送するだけ。施工に特殊な専門知識や作業が必要なく、失敗の心配もありません。
雨水排水設備の負担軽減
ドットコンを使用すれば、建築コストの大幅な削減を実現できるほか、排水計画、緑化計画の一部としても機能します。
流出抑制対策に効果あり
大地に直接水を浸透させるため、浸透トレンチや浸透桝など、雨水流出抑制施設にかかるコストを圧縮することが可能です
貯水・保水効果があり、
道路陥没抑制につながる
シート内を通る目詰まり防止用のトンネルは、浸透するまでの間、雨水を一時的に貯留するため、水が浸透しにくい路床にも幅広く対応します。また、大地の保水に作用することによって、近年騒がれている道路陥没事故の抑制にも繋がります。
優れたデザイン
ドットの中に色付きの砂利を敷いたり、植物を植えてみたり...使い道は自由自在。芝を植えればCo2の削減や緑化対策にも繋がります。

こんなお困りごとは
ありませんか?

目の前が私道だから
水が流せない!

駐車場の勾配で
愛車が痛むのが心配

雨が降るとすぐに
水溜りができてしまう...

庭の物置が斜めで
見た目が悪く使いづらい

庭のテーブルや椅子が
斜めで使いづらい

庭に置いたビニールプールが
斜めで遊びづらい

不陸調整が
面倒

排水計画の設計図面作成で
困っている

土地が逆勾配のため
コンクリートが施工できない

そんなお悩み、
ドットコンならまるっと解決!

こんなシーンにおすすめ

住宅
勾配がいらないので駐車の際にアクセルを踏まずに済むので、アクセルとブレーキの踏み間違えによる不慮の事故の抑制に繋がります
工場のフォークリフト
工場
フォークリフトや大型車両が行き交う工場も、ドットコンにすることによって走行がしやすくなり、作業効率がアップします!
商業施設
商業施設
幅広い年齢層が歩く商業施設も、ドットコンにすれば水たまりができず、水平なため歩きやすくなります。施工場所の広さに合わせてシートを敷いて打設するだけ。商業施設のような広いスペースでも施工が可能です。
駐車場
各種駐車場
優れた透水性のため、排水のための傾斜をつける必要なし。水が溜まる、車が痛む、見栄えが悪いといった不安を全て解決できます。
道路
道路
アスファルト舗装と比較して耐久性に優れ、有害物質も発生させません。定期的な補修が不要となり、圧倒的なコストパフォーマンスを実現します。

Dotconが
創り出す未来

「人の手で壊してしまった地球を、人の手によって元に戻したい」

「こども達に、少しでも住みやすい未来を託したい」

未来を想う開発者の意志や、それに賛同・ご協力頂いた方々のご尽力で ドットコンは生まれました。
残念ながら、地球の資源は無限に続くものではありません。
地球の地面をドットコンに変えることが出来れば、地球も、人々も、これから産まれるこども達にも、明るい未来を与えることが出来ます。
未来に誇れる地球を遺すのか、このまま壊れた地球で苦しみ続けるのか。
その選択は「現在」に生きる我々に課せられた大きな課題です。
地球の本来の機能を蘇らせ、明るい未来を作り上げましょう。

※ドットコン®の売上の一部は、水害などによって被災した地域への寄付を行います。

よくある質問

穴をあけることによって、強度には問題はないのですか?

全く問題ありません。ドットとドットの間には鉄筋が入るため、通常のコンクリートと同等の強度を誇ります。また、使用用途に応じて鉄筋やコンクリートの強度を選べるため強度を自由に変更できます。

メンテナンスや定期補修は必要ですか?

ドットコンシートにはドットのほかに目詰まり防止用のトンネルが設けられており、穴が目詰まりしにくい設計になっています。
※砂埃の多い地域などで使用した場合、能力の低下が早まる可能性があります。浸透力が悪くなった場合には、各ドットを清掃することによって目詰まりしにくくなります。

値段が高いのではないですか?

残土の処分や勾配付けの作業を行わずに施工ができるため、従来品に比べコストの削減および工期の短縮に繋がります。使用するコンクリートの量も減るので、費用削減に繋がります。透水性でない通常の土間コンと比較しても、上記の作業が簡略化される為、費用は同等、場合によっては土間コンよりコストが抑えられる可能性も!

施工店はどこにありますか?

ドットコンは通常打設の前にシートを敷くだけなので、専門知識が必要ありません。既存の専門知識があれば、どなたでも施工が可能です!

ドットでつまずいたりはしないのですか?

見た目は気になりますが、つまずきにくい構造のため、傾斜の上や砂利の上を歩くより歩きやすくなっています